僕は見習いナチュラリスト WEB編

日々の自然観察で気付いたこと、サファリの回想録など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サファリについて

心得

野生動物に出会う旅は、常に偶然に左右されるものです。

この変化に富んだ自然環境の中で生きてこそ野生動物。彼らは自分の意志で今日、明日のために、動かなくてはなりません。だから、私たちの観たい動物が必ずしもサファリ中に観られるとは限りません。

 

野生動物の美しさに裏付けされているものは、常にベストコンディションを維持している、ということでしょう。

瞳の色、毛並みの艶、筋肉の張りは、野生で生きるものにとって必要不可欠なもの。野生では、常にどこかで危険にさらされており、身体の不調は死と密接に繋がっているのです。そんな厳しい環境の中で生きる姿に私たちは手放しで魅了されるのでしょう。


 

私たちは見渡すかぎりの地平線、草原を吹き抜ける風を身体で感じながら、いつどこでどんな動物たちに出会うか分らない旅をすることができます。だから面白いのです。

感動とは、そういうものではないでしょうか。

DSC_0273.jpg

 

ルール

サファリでは野生の王国のルールに従わなければいけません。私たちはお邪魔している身分です、野生動物たちの生活を脅かすようなことは決してしないように注意しましょう。


保護区入園料:


旅行者は保護区内でサファリを楽しむために入園料を支払うことが義務づけられています。このお金は公園の運営管理、地元住民のための学校、医療施設のために還元しています。

DSC_0351.jpg


保護区の規制:


地方州議会で保護区では以下の規制がなされています。

規則違反者は起訴されます。

 

 

・全てのゲートは午前6:00に開き午後7:30に閉鎖。例外は認めません。

 

・各ゲートではレンジャーガイドに同乗してもらうことが出来ます。彼らからはアドバイスが受けられ、また動物を見つけたり、事故やスタックしたときに手助けをしてくれるでしょう。

 

・野生動物のための地域により、ペットや家畜を保護区に入れてはいけません。

 

・ラジオ、カセットレコーダなどの音の出る機材の使用禁止。クラクションを鳴らしたり、車を叩いたりして動物の生態を乱さぬよう、細心の注意を払わなくてはいけません。

 

・時速50キロを超えてはいけない。常に優先権は野生動物にあります。

 

・動物に近づきすぎないようドライバー無理な注文をしてはいけません。車の屋根の上に立ち上がったり、窓から手を出したりしない。

 

・認められた場所以外で車を止めたり、降りたりしてはいけません。


DSC_0550.jpg
 

 

・植物を折ったり痛めつけないよう、決められた車道を運転するようにしてください。

 

・骨、皮、角、歯、羽根、卵、殻を動かしたり、持ち帰ってはいけません。

 

・たばこの吸殻の投げ捨ては禁止です。保護区内にゴミを捨ててはいけません。車の中に保管して持ち帰り処分してください。

 

・動物とは20メートル以上の距離を保って下さい。大型肉食獣が移動するときは後ろをつけてはいけません。5台以上の車を近づけて観察してはいけません。それ以上に車が来る場合は、10分以上留まらないで場所を譲るようにしましょう。

 

・許可なくマサイの人々を撮影することは禁止です。

 

・公園管理官の法的な命令には従うようにします。

 

 


 

スポンサーサイト

テーマ:自然科学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/06/26(木) 19:54:15|
  2.  サファリについて

カテゴリー

はじめに (2)
●日々の自然観察 (76)
いず散策 (20)
日本各地 (19)
やえやま記録 (36)
サファリツアー記録 (33)
ケニア散策記録 (22)
●カカメガフォレストについて (2)
 カカメガフォレスト記録 (65)
●マサイマラ国立保護区 (1)
 サファリについて (1)
 サバンナとは (1)
 サファリの持ち物 (2)
著書ライティングノーツ (12)
ワイルド・ホライズン (6)
●ネイチャー旅行記 (87)
中米旅行 (41)
マダガスカル (8)
東南アジア (13)
ガラパゴス (6)
アマゾン各地 (13)
ギアナ高地 (4)
ブログ管理者経歴 (1)
講演・講座の記録 (31)
未分類 (0)

アルバム

プロフィール

naturanger

Author:naturanger
名前:加藤直邦
職業:サファリガイド
出身:伊豆
趣味:放浪
連絡先:
naturanger@gmail.com

リンク

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。