僕は見習いナチュラリスト WEB編

日々の自然観察で気付いたこと、サファリの回想録など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2017年、ケニアバードツアーのレポート

去年に続き、ケニア周遊のバードウォッチングツアーに出発しました。

ケニアならではの見どころとなっている①リフトバレーの湖群、②熱帯雨林、③サバンナの三大生態系を巡る野鳥観察中心のツアーです。

 


ナイバシャ湖

DSCF3484.jpg

DSCF3530カワウGreat Cormorant

DSCF3524サンショクウミワシAfrican Fish-Eagle

DSCF3514モモイロペリカンGreat White Pelican

まずはナイロビの空港から直接ナイバシャ湖まで移動し1泊。

翌朝はロッジの目の前からボートサファリです。

カバの群れや裸で水に潜り網漁をする漁師さんたちを横目に水鳥を探します。

ここで観察したいのは大型のカワセミ2種類と、美しいサンショクウミワシ、それにカワウのコロニーです。優雅に泳ぐモモイロペリカンも近くで見るとその大きさにビックリです。


 

ナクル湖 (4)

DSCF3724アフリカトキコウYellow-billed Stork

DSCF3622マダラノスリ Mountain Buzzard

DSCF3895エボシクマタカLong-crested Eagle

その後、ナクル湖へ移動。

今日の宿泊地のライオンヒル・ロッジには沢山の小鳥がやってくるので敷地内をウロウロするだけでも十分バードウォッチングが楽しめます。見られるのはハタオリドリ、テリムクドリ、ツグミ、ネズミドリなどの仲間です。

車でのサファリでは、アカシアの林の中でノスリの仲間やエボシクマタカなど中型の猛禽を何度も観察できました。フラミンゴなどの水鳥の群れを見られる湖畔では、日が傾くまでゆっくりと定点観察を楽しみました。


 

ボゴリア湖 (3)

DSCF3937コフラミンゴLesser Flamingo

DSCF3958オオフラミンゴGreater Flamingo

翌日はボゴリア湖まで移動し、フラミンゴを見ながらピクニックランチをしました。

去年に比べるとフラミンゴの数は少なめでしたが、私たちが動かずにじっとしていたのでかなり近くでフラミンゴたちが集まっておこなう特徴的な食餌行動を観察することができました。


バリンゴ湖 (2)

DSCF3998オニアオサギGoliath Heron

DSCF4025アフリカクロワシミミズク

DSCF4146アフリカオオコノハズク

 
午後はバリンゴ湖まで移動。湖畔のロッジではサギ科最大のオニアオサギやヘビウが容易に観察できます。餌付けをおこなっているので、美しいカンムリヅルもすぐそばまでやってきます。

夕方は地元のガイドの案内でフクロウやヨタカの仲間など擬態の得意な鳥を見せてもらいました。

 


カカメガフォレスト3

カカメガフォレスト2

DSCF4296アビシニアコロブス

DSCF4434ムラサキエボシドリ

リフトバレーの湖群巡りを堪能した次は、ケニア最大にして最後の熱帯雨林といわれるカカメガフォレストです。ここでは教会の運営する保養所で2連泊しました。

手入れの行き届いた庭園周辺では美しいムラサキエボシドリや大型のハシダカサイチョウなど特徴的な野鳥を観察できましたが、やはり熱帯雨林は撮影が難しいです。

 


マサイマラ

DSCF4681クロハラチュウノガンBlack-bellied Bustard

DSCF4824コウノトリWhite Stork

DSCF4991カンムリクマタカCrowned Hawk-Eagle


丸一日の移動をかけて、最後はマサイマラで3連泊です。ライオンやシマウマ、ゾウといったサバンナを代表する野生動物の楽園なだけに野鳥観察でも期待を裏切りません。

今回印象的だったのは、「渡り」でやってくるチョウゲンボウやハヤブサなど小型の猛禽類を観察できたことと、同じく渡りでやってきたコウノトリの大群が見られたことです。大空を黒く染める大型のコウノトリの群れは圧巻でした。

 

9日間のツアーで移動距離も長めだったので、今回はなるべく休憩時間を長く取りました。ロッジの敷地内で野鳥観察もできますし、バーで優雅にドリンクをしたり、昼寝をして体調を整えるたりすることもできます。それぞれ自分の時間が過ごせるようにしたのは良かったんじゃないかと思っています。

次回はどんな鳥に会えるのか、今から楽しみで仕方ありません。

 

スポンサーサイト
  1. 2018/08/01(水) 21:01:06|
  2. サファリツアー記録

カテゴリー

はじめに (2)
●日々の自然観察 (76)
いず散策 (20)
日本各地 (19)
やえやま記録 (36)
サファリツアー記録 (33)
ケニア散策記録 (22)
●カカメガフォレストについて (2)
 カカメガフォレスト記録 (65)
●マサイマラ国立保護区 (1)
 サファリについて (1)
 サバンナとは (1)
 サファリの持ち物 (2)
著書ライティングノーツ (12)
ワイルド・ホライズン (6)
●ネイチャー旅行記 (87)
中米旅行 (41)
マダガスカル (8)
東南アジア (13)
ガラパゴス (6)
アマゾン各地 (13)
ギアナ高地 (4)
ブログ管理者経歴 (1)
講演・講座の記録 (31)
未分類 (0)

アルバム

プロフィール

naturanger

Author:naturanger
名前:加藤直邦
職業:サファリガイド
出身:伊豆
趣味:放浪
連絡先:
naturanger@gmail.com

リンク

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。